サイトマップ Tel:06-6728-0575
スロッターとは
HOMEスロッターとは

スロッターとは

スロッターとは立て削り盤ともいわれ、水平2軸直線運動および回転運動を間欠的に行う円テーブル上に加工品を取り付け、垂直運動するラムに取り付けたバイトを使用して、溝削り加工を行う工作機械のことをいいます。主にキー溝、スプライン、角孔、インボリュートスプライン等を加工します。
ラムは角度を調整することができるので、サーキュラーを同時に使ってテーパー溝加工、アリ溝加工も可能です。また、旋盤やフライス、マシニング等でできない加工も可能にする工作機械です。
以下で、スロッターで可能な加工を一部ご紹介します。


スロッター加工の仕組み

キー溝加工

キー溝加工

キーとは、軸(シャフト)の回転動力をギアやプーリー等に伝える時に空回りを防ぐための回り止めのことです。
キーを差し込むために軸側の外径、ギア等側の内径に溝を加工する必要がありますが、スロッターでは主に後者の溝を加工します。


スプライン加工

スプラインもキー同様、回り止めのことをいいます。キー溝が1本なのに対し、スプラインには数本の溝があります。

インボリュート加工

インボリュート加工

インボリュートスプラインも主に回り止めですが、細めで先細りの溝のことをいいます。スプラインより溝数が多いのが大きな特徴です。


テーパー加工

内径のテーパーに沿って角度をつけ、キー溝を加工することができるテーパー加工。ストレートの内径にテーパー溝を加工することもできます。

その他加工

その他加工

その他、角孔加工(四角加工、六角加工等)、半月、小判穴、インボリュートセレーション等、様々なスロッター加工があります。


お気軽にお問い合わせください Tel/Fax:06-6728-0575 営業時間:9:00〜17:00
※Faxでの見積依頼は、24時間受け付けています。 アクセスマップ 株式会社サンテック
〒577-0827 東大阪市衣摺6丁目7番16号 お問い合わせ